フリーダム進学教室 夏期講習案内

フリーダム進学教室-センター北-は、以下の日程で夏期講習を行います。6年生は頻出事項をまとめるとともに、それぞれの志望校に合わせた問題演習に取り組んでいきます。5年生はいよいよ入試で最も良く出るテーマを中心にした、基礎力の徹底を図ります。各学年ともコース設定になっておりますので、日程を御確認の上お申し込みください。

フリーダム進学教室夏期講習 案内

カテゴリー: お知らせ | フリーダム進学教室 夏期講習案内 はコメントを受け付けていません。

計画は常に見直す

計画を立てたらまずは1週間、しっかりやってみることが大事です。

しかし、それでも終わらない、ということがあり得る。終わらないものは終わらない。大事なことはここで、「ただ終わらせるための勉強」にしないことです。

例えばこの時期の過去問を時間を計ってやると、まず全部の問題をやりきらない。しかし、それでは問題の傾向をつかむこともできないし、すべての問題を研究したということにはならない。

だから当然、時間がかかるのであれば計画を見直さないといけないのです。

もちろんある程度粘らないといけないが、ただ「終わらせる」ということのないように気をつけてください。


今日の田中貴.com
第281回 具体的に注意する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
学習記録のすすめ


中学受験 算数オンライン塾
7月20日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | コメントする

夏休みは算数の復習に力を入れる

5年生のカリキュラムが始まって半年が経過しました。

で、夏休みはこれまでの復習に力をいれるべきでしょう。特に大事なのは算数。5年生はまだ比や割合が進んでいないので、理科計算の問題は少ない。ということは社会も理科も知識を覚えることが多いので、これはあまり心配しなくてもいい。

そのとき覚えればいいわけです。ただ算数はそうはいかない。特に割合やおうぎ形の問題はこれからの勉強を左右する大事なところですから、できるようにしておきたい。

その意味ではまず算数の復習に力を入れることが大事です。それができれば5年生の夏休みの課題は果たしたといってもいいでしょう。

さらに進んで5年生の秋の予習をやってもいいが、予習よりはやはり復習の方が大事。

まずはこれまでの勉強がしっかりできるように練習してください。


今日の田中貴.com
詰めの段階へ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
絶対に合格する


今日の慶應義塾進学情報
正解率を上げるために何をするのかを決める


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 夏休みは算数の復習に力を入れる はコメントを受け付けていません。

得点力をつける

入学試験は点数で決まります。とても当たり前の話。

記述式であるならば部分点をくれる場合もあるわけですが、算数の場合答えだけを書くという学校も少なくない。したがって答えを出す一つ前の式で計算間違いをしただけでその問題は0点になります。

ということが、これからは重くのしかかってくる。

今までは、まあ、結構いいところまでできてるじゃないか、と思っていたものが、得点に結びつかないとだめ、ということになるからです。

だからこれからの勉強は最後まで解ききる、ちゃんと正解を出す、ということに目を向けないといけない。

何となく分かってる、とか、ダメです。

そこを曖昧にしていると、得点が伸びない。この夏、しっかり練習を積んで正確に解き上げることができるようにしていきましょう。


今日の田中貴.com
速さに関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
予備日を作る


中学受験 算数オンライン塾
7月18日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | 得点力をつける はコメントを受け付けていません。

覚えるのが嫌い

入学試験では、やはり知識が物を言う場面が少なくありません。社会はほぼそうだし、生物や地学、漢字の問題もそうでしょう。で、こればっかりはとにかく覚えるしかない。

で、それをすぐ覚えられる子とそうでない子がいます。

うまく覚えられない、という子はだんだん覚えるのが嫌いになる。だから、ついやらない。漢字テストだったり、月例テストの知識部分だったり、どんどん遠ざかってしまう。

だから、今から少しずつ覚える能力を鍛えていった方が良い、とは思います。例えば10個の知識を暗記する時間を記録してみる、とか。

覚えるのにはコツがありますが、それはやはり練習していくうちに段々身についてくる。だから、やらないといつまでたってもなかなか覚えられない。

5年のうちは、また忘れるのですが、しかし、それでもいまのうちから鍛えておくことが大切です。


今日の田中貴.com
暑さに対する対策


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
やる気を出す子


今日の慶應義塾進学情報
作業する問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 覚えるのが嫌い はコメントを受け付けていません。

赤い×印

夏休みは毎日、いろいろな勉強をするので、計画を立ててやったほうが良いわけですが、その計画を大きな紙に書き出して家族が見られるようにしてしまう方法があります。

計画はまあ、本人が知っていればいい、というものではあるものの、やはりかなりいろいろなことをしなければいけないということを考えると、みんなで応援してあげたほうが良い。

そこで、毎日やることを書き出して、終わったらそれを赤いペンで消していきます。

そうすると、子どももそれを消すのが楽しみになる。

お父さんは家に帰ってきて、赤いバツがたくさんあると、「お、がんばったなあ」と一言かけたくなる。

それが良い循環に回れば、子どもたちもがんばるでしょう・・・。

問題は×がついていかないとき。そうなれば、やはり計画を立て直さないといけない。そのときは内容を小分けにすると良いかもしれません。

とにかく大書した計画が×印ばかりになると気分が良くなる。最初のウチは、すこし小分けにして×がたくさんつくようにしていくと、結構気持ちが前向きになっていけるでしょう。


今日の田中貴.com
算数ができるようになるには


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
大逆転の要素


中学受験 算数オンライン塾
7月16の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | 赤い×印 はコメントを受け付けていません。

式を書く習慣

6年生で算数ができない子のひとつの特徴として、式を書かない、というのがあります。

授業中はまだ、それでも書こうとする形跡はあるが、テストになるともう上の空。問題用紙は筆算ばかり、まあ、どこに何が書いてあるのかわからない。

したがってミスだらけで、点数が取れない。

だから5年生のこの時期、すなわち割合や円周率を習うここで、しっかり式を書くように練習するのが良いのです。

それが身についた子は、確実に5年生の後半から成績が伸びていく。

逆にそれが身につかない子(これは残念ながら男の子に多い)は、秋に成績がどんどん悪くなっていきます。

その分かれ目が5年生の夏休み、といってもいいかもしれない。なので、とにかくていねいに式を書く、ということをやってほしいと思います。


今日の田中貴.com
植物に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
過去問をやっていくと


今日の慶應義塾進学情報
長い夏休み


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 式を書く習慣 はコメントを受け付けていません。

国語の過去問は空欄を作らない

ある子の国語の過去問の答案を見ていたら、まあ、空欄だらけ。さすがに呼んで注意しましたが、本人はピンと来ていないようでした。

「だって、わからないんだから、仕方がないじゃないか。」

とそう顔に書いてあるわけですが、特に男の子の場合、「面倒だ」というだけで空欄になってしまうからです。

だから国語の過去問をやるとき、とにかく空欄を作らせない。

「え、わかんないよ。」

「駄目、答えを書くの。」

で、本人終わりたいから、やっぱり答えを書くのです。なんだ、書けるじゃないか、というのは良くある話。

時間を計る必要はないから、とにかく最後までしっかり答える練習をしましょう。


今日の田中貴.com
第280回 届く範囲


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
夏は朝型へ


中学受験 算数オンライン塾
7月14日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | 国語の過去問は空欄を作らない はコメントを受け付けていません。

決まった時間に寝る

暑い日々が続いています。子どもたちもやはり相当体力を消耗するし、疲れやすくなる。

ほとんど家や塾でクーラーにあたっている、といってもやはりそれはそれで疲れるものです。

なので、規則正しい生活をする、というのが一番良いのですが、なかなかそうはいかないところがある。

で、規則正しい生活の基本は睡眠時間です。もう、寝る時間を絶対に決めてしまう。

たとえは10時と決めたら、10時に本当に寝る。その日にやらなければいけないことが残っていても、規則正しい生活を送るために、ここはあきらめて寝てしまう。

その代わり、次の日起きたら、有無を言わさずやらせると良いでしょう。夜遅くまでやるよりは朝やった方が間違いなく効率が良い。

大事なことは睡眠時間がきちんと規則正しければ、体内時計も順調になり、体力も回復するから疲れにくくなり、食欲も出るのです。

10時なんて、と思わず、とにかくとっとと寝せてしまう。その代わり朝はちゃんと起きる。これはぐずぐずさせない。

規則正しい生活を送るコツです。


今日の田中貴.com
暗記ノートのすすめ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
どのくらい勉強すれば合格するか?


今日の慶應義塾進学情報
電熱線に関する問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 決まった時間に寝る はコメントを受け付けていません。

原作を読む

国語の文章は当然のことながら、途中で切れていることが圧倒的に多い。

もちろん紙面に限りがあるわけだから、物語も一部分しか出てこないが、それではピンとこない事も多いでしょう。

だから、機会があれば作品全部を読んでみてもいいかもしれない。

特に説明文は、何かきっかけがないと小学生はなかなか読み進むことができません。

だから、過去問に出てきた原作を手にしてみると良いのです。そうすると、自分がまったく考えなかったジャンルに読書の範囲が広がることになります。

出てくる問題文を片っ端から読む必要はありません。

ちょっと興味があれば、あるいは、おもしろうそうだと思ったら、原作を手にしてみると良いでしょう。

少しずつ読む範囲が広がってくることで、さらに読み込む力がついてくると思います。


今日の田中貴.com
講習の復習


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
教えてもらってもできるようにならない


中学受験 算数オンライン塾
7月12日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | 原作を読む はコメントを受け付けていません。

分数と小数

割合の計算をしていると、ここは小数でやった方が早い、ここは分数を使った方が早い、とぞれぞれで場面があります。

最初のうちは、小数を分数にする計算で間違えたりしますから、じゃあ、もう最初から小数で計算すれば、とつい言ってしまいがちですが、それは後後遠回りになる。

そういう計算の勘所、みたいなものはやっていくうちに次第についてくるので、ワンパターンに考えてはいけないところがあるのです。

分数と小数が自在に扱えるようになると、算数は一気にできるようになりますから、ここは面倒でも「早いと思われる型」へ持ち込むようにした方が良いでしょう。


今日の田中貴.com
数の性質に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
体力には個人差がある


今日の慶應義塾進学情報
湘南の算数の注意点


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 分数と小数 はコメントを受け付けていません。