フリーダム進学教室とは

フリーダム進学教室は徹底的にムリ・ムダを省き、効率良く学習を進める新しいスタイルの中学受験塾です。

カリキュラムとテキストはオリジナル

ここ数年の入試データを元に優先順位の高い範囲を厳選しました。次にカリキュラムは4週間を1クールとし、3週間学習し、次の1回でまとめの総合学習とカリキュラムテストを実施して到達度確認及び個人データを蓄積していきます。

main2

カリキュラムテストで理解度を確認

近年組み分けテストを行う塾が増えました。しかし、本来カリキュラムテストは、カリキュラムの理解を確認し、それを子どもたちの学習にフィードバックすることが目的です。ところがクラス昇降に注目が行きすぎる余り、本来後でもかまわない社会の暗記に力が入ったり、逆に国語の読解練習が無視されるなど、あまり良い方向には向かっていません。

フリーダム進学教室は毎月のテストで子どもたちの状況を把握して、それぞれの学習指針に役立てますが、クラス昇降をさせず、子どもたちが進度に合わせて勉強できるように指導します。

 b13

動画で授業を配信、自宅で学習

教室での授業はもちろん、フリーダム進学教室にはWEBの授業と演習があります。

フリーダム進学教室WEB学習システム

WEBの授業はテキストの解説を中心としていますので、わからなくなったらまたその授業を見て確認することができます。

WEBの演習はテキストの問題を入力することによって、自動的に学習履歴をデータベースの記録すると共に、正解をその場で表示して理解のチェックを進めます。学習履歴を記録することによって子どもたちの得手不得手を長期的に追跡し、6年生後半からの学校別指導に役立てます。

b14

 

豊富な演習問題・過去問

6年生の後半からは、志望校に合わせた問題演習が始まります。中学入試はすべて独自入試ですから、それぞれの学校に出題の特徴があります。それを優先的に学習することによって、子どもたちの学習効率をさらに上げていきます。

フリーダム進学教室ではすべての学校の入試傾向を把握したデータベースを作成しています。このデータベースと子どもたちの学習履歴を元に、目標に合わせた演習問題を自動的に表示、印刷して学習することができます。5年生から通塾することによって、これまでの学習履歴を確実にデータ化することで、6年生の学習をさらに効率良く進め、志望校への合格を目指します。

講師陣

授業を担当する先生はシーダと呼びますが、長年中学受験を指導した先生と、子どもたちに年齢の近い先生がタッグを組み、生徒とコミュニケーションを取りながら、指導していきます。

岡本 雄輝
山口 明
田中 貴(中学受験 田中貴.com)