式の意味を考える

太郎君の持っているお金の3分の2が1200円。では太郎君が持っているお金は?

1200÷\frac{2}{3}=1800

という式で答えるわけですが、太郎君の持っているお金を【3】とすれば1200円は【2】だから、1200÷2×3=1800とも出せる。

3分の2で割る、ということは2で割って3倍するということですから、同じであるわけで、いずれにしても自分が書いた式の意味を理解していないといけない。

「え、先生どっちだっけ。かけるんだっけ、割るんだっけ」

割合の習い立てでは、こういう質問が多い。すぐに公式をたよろうとするから、こういう聞き方になってしまう。

今書いている式の意味は何かをしっかり考えれば、かけるか、割るかで悩む必要はなくなります。


今日の田中貴.com
週6日の塾でできるようになるか?


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
追い込みをかける子


今日の慶應義塾進学情報
苦手な分野を残さない


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から パーマリンク