公立一貫校への挑戦

公立一貫校の入試は学力検査や思考力、記述力を問う問題が多く、いわゆる四教科入試と試験内容が違います。だからどうしても対策を変えないといけないと考えがちですが、やはり読み解く力、考える力を養うという点では同じ部分ですから、決して別々のものではないのです。

もちろん公立一貫では細かな知識が出題されるわけではありませんが、知識を持っていること自体は決して悪いことではないし、これからの勉強でも役に立つでしょう。

公立一貫対策だけをやっていると、なかなか四教科入試を受けることは難しいが、逆は可能だと思うのです。つまり四教科入試を中心に考えながら、公立一貫校も受験する。

試験内容はもちろん違いますが、培ってきた学力が支える部分はあるし、公立一貫校を受験校のひとつとして使えることは悪いことではありません。

近年公立一貫校の人気が高く、なかなかの倍率になっていますが、四教科の入試を準備しながら、受験校のひとつとして挑戦してみてもいいでしょう。

2018年合格実績

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com
何かを変えないといけない時期


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
算数ができるようになる第一歩


中学受験 算数オンライン塾
2月13日の問題



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | 公立一貫校への挑戦 はコメントを受け付けていません。

塾で完結する

塾で預かる、以上、塾で勉強はなるべく完結させたいと思っています。

5年生は特に塾でやったら、もう残りの日数は受験勉強に追われなくても良いのではないか。といっても、勉強するのを止める必要もない。自分でもう少しやりたい、とか、ちょっと自信がないところをやり直す、というのは当然やってもらってかまわない。

また、6年生になって、それぞれ過去問をやったり、知識を覚えたり、学校別バインダーをやったりするのは、当然必要なことだと思っています。塾でやることで自分で勉強することが当たり前になり、あとは自在に自分で勉強するようになれば良いと思うのです。

塾で完結するために、通塾日がどんどん多くなるのは、自分で勉強する姿勢が身につかない以外にはあり得ない。

わざわざ自分で勉強することができるのに、塾に来る日が増える必要はない。逆に塾に来る日が減っても大丈夫、という状況になってもらいたいとすら思います。

塾で完結する、ということは家で勉強しなくていい、ということではありません。

塾で完結することで、自分で勉強する姿勢が身につき、あとは自在に勉強できるようになる、ということがポイントなのです。

2018年合格実績

フリーダム進学教室無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


2018フリーダム進学教室入会案内


今日の田中貴.com
算数の復習のやり方


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
次の夢を語る子


慶應進学特別から
踏むべき石を踏む



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 塾で完結する はコメントを受け付けていません。

「国語のミス分析(読解問題)」-新スタッフからー

読解問題の直しをするように言うと、子供たちの多くは
 ・読み間違った。
 ・今度からはちゃんと選択肢を読もうと思う。
というように自分のミス問に対して感想や誓いを書いてきます。

もちろん、それはそれで大切なのですが、ミス分析には手順があると教えています。なぜなら、正解というよりも正解に至るまでのプロセスが理解できてこそ自分の解答の何がいけなかったかがわかるからです。そして、そこがわかるから次にどういうことに気をつけようとなるのです。

「泣く」と言っても、悲しくて泣く以外にも、悔し泣き、うれし泣きなどがあります。『気持ちには必ずきっかけがある』のです。そこをすべて実体験するのは無理ですから、読書や読解問題で『人はこういうときに泣くんだな』と知ることが大切なのです。その流れをノートにまとめてみるとよいです。これが「ミス分析」なのです。

手順を追って考えるという点では、国語も算数と同じなのです。ですから、ただやみくもに読解問題をやるのではなく、答え合わせ、ミス分析までするという「質」を大切に一つ一つ積み重ねていってほしいと思います。

2018年合格実績

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com
生活のリズムを作る


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
オンラインで一緒に勉強してみると


中学受験 算数オンライン塾
2月11日の問題



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 「国語のミス分析(読解問題)」-新スタッフからー はコメントを受け付けていません。

パソコンの扱いが上手だと

パソコンの扱いが上手な子がいて、WEB学習でどんどん進んでいってます。

まあ、本来的には自分でどんどん勉強できるようにシステムを作ったわけで、それができれば一番いいと思うのです。

スタディールームは時間の選択はできるものの、自分で勝手に進む、というのではない。しかし、WEB学習システムだと、自分でどんどん進んでしまう。

5年生でも、習いごとやクラブなどいろいろ忙しい部分はあるわけで、その合間にちょこちょこと進んでいる。

iPadを使ってイヤホンで動画授業を聴いていたりするんです。だから、まあ、隙間の時間を実に上手に使っているらしい。

たしかにタブレットを自分で自在に扱えれば、どんどん勉強は進められる。

こういう子たちの成績が良くなってくると、流れは変わるかなあ、と実は思っているのですが・・・。

2018年合格実績

フリーダム進学教室無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


2018フリーダム進学教室入会案内


今日の田中貴.com
気体に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
もう塾に行くの?


慶應進学特別から
外国語作文の緩和



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | パソコンの扱いが上手だと はコメントを受け付けていません。

考える力をつけるには

上位校の問題は今年もなかなか骨が折れました。

小学校6年生でよく解けるなあ、と感心するところは大きいわけですが、しかし、やはりこれは勉強の賜物、という感じがします。

で、これだけ考える力をつけるためには、ある程度たくさんの問題を解かないといけないわけですが、ただ数をこなせばいいというものでもない。

実際には、やはり一問にこだわる解き方をしてきたか、ということが大事なのです。

たとえば子どもが同じ問題を延々、30分も解いていたとしたら、多くの人が「もう答えを見たら」と指導するでしょう。しかし、本当を言うならば持ち越した方が良い。つまり、答え合わせはしないで、また考えるのです。

時間をおいて、また考え直す。そうするとふとした瞬間に「こうじゃないか」と思える時がやってくる。そうなるともう自然に自分でノートを開いてまた解き始めているものなのです。

答えが出るとこれはなかなか良い経験をしたということになります。

そこまで考えることでいろいろなやり方を試すことができるので、実際は何問もやったのと同じ効果を数少ない問題で得られるのです。

最初のうちは、数にこだわらず、1問1問じっくり考えて欲しいと思います。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com
自分で勉強するようになるきっかけ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
受験学年をスタートする前に確認すべきこと


中学受験 算数オンライン塾
2月9日の問題



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 6年生の教室から | 考える力をつけるには はコメントを受け付けていません。

5年生から上位校を狙う

5年生から受験勉強をして上位校を狙う、というのはほとんど不可能、だと思われているかもしれません。4年生からやってもなかなか難しいのに・・・。

しかし、4年生でやっていることは基本的な内容が多いので、それを追いつくのはそれほど難しいことではない。5年生からやっても十分に間に合います。問題は、最終的に上位校のレベルの問題が解けるようになるか、であってスタートの問題ではない。

で、これに関してひとつ言えることは「はっきり狙う必要がある」ということです。

例えば、成績が上がってきてできるようになれば上位校を狙おう、というのではなかなか成績は上がらない。

多少なりともがんばらないと上位校のレベルには到達しない。

ただしがんばるといっても、たくさんの問題を繰り返す、のではありません。

その学校のレベルの問題をやる、ということに尽きるのです。

多くの場合は、基本から始まって標準的な問題、応用的な問題とやっていくでしょう。しかし、基本から始まると標準的な問題までできるようになるだけで結構な時間がかかる。その結果として、上位のレベルまでたどり着かない。

だから上位校を狙う場合は、ちょっと基礎をやったら、次にもう入試レベルの問題に進ませてしまうのです。

当然、すぐにはできません。でも、そのレベルの問題を考える、ということが大事。そして苦労して考えて、解き方が少しでも理解できれば、それで訓練にはなったから結果を求めずともそれで終わらせて良いのです。

子どもが勉強できる時間は限られます。子どもたちは朝から活動をしていて、疲れやすいので、本当に受験勉強に使える時間はそう長くはないから、無駄な時間は使えない。

なので、基本問題や標準問題にあまり、時間をかけてはいけないし、たくさんやらなくてもいい。むしろその学校のレベルの問題に時間をかけていきながら、思考力を鍛えていくことが大事です。

基本、標準的な問題をこなそうとして飽きて疲れてしまうよりは、その方が後後伸びていく可能性がある。

他の塾のテキストを見ると問題が多すぎて、上のレベルまでたどり着かないところがありますから気をつけてください。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


2018フリーダム進学教室入会案内


今日の田中貴.com
第311回 ウチの子はいつかやる


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
読む速さを鍛える


慶應進学特別から
附属校人気



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 5年生から上位校を狙う はコメントを受け付けていません。

なぜ自分で勉強しないのか

自分で勉強する、というのは成績を上げる基本です。

しかし、案外、自分で勉強しない子が多い。「勉強しなさい」と言われて、素直に勉強する子は少ないでしょう。反抗期もあるだろうし、ほかにやりたいことがあったりするからでもあるわけですが、しかし、一番は「やってもできるようになる自信がない」からのようです。

もちろん、そこまでやりこんだ上で下している判断ではないのですが、「なんか、うまくいかないし…」と思っているところがある。だからと言って、親と一緒にやってもつい、お互い言いたいことを言い合って、そのうちバトルになってしまう、ということはよく聞きます。

だから、塾で預かる方が良いか、と思い始めたのです。

実際に塾に来てしまえば、もうほかにやることはないし、目の前にやるべき内容が示されているし、わからなければ先生に質問もできるし、そのうえで、少しずつできるようになると、さらにまた勉強する、という循環に変わっていく。

そういう時間を経験すればするほど、実際に自分でやるようになってくる。そして、目標の学校が決まり、そこにどうしても入りたい、という気持ちが強くなれば、そこから本当に自分で勉強するようになっていくものなのです。

だからまず自分で勉強してできるようになる経験を積むことを心がけてください。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com
勉強も忘れないように


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
同じパターンを繰り返しすぎない


中学受験 算数オンライン塾
2月7日の問題



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | なぜ自分で勉強しないのか はコメントを受け付けていません。

海外から受験する

近年英語の入試を行う学校が増え、帰国子女の中学受験はチャンスが増えているようです。

で、問題は海外で算数や国語をどうやって勉強するか、なのですが、割と日本人が集まっている地域では、中学受験の塾も結構あります。したがってそこで受験準備を進めている子どもたちがほとんどでしょう。

しかし、そういう地域ではない場合は、やはり通信教育や参考書、問題集を使って勉強するしかありません。

ただ、そういう不便な環境の方が、かえってシンプルに勉強できる、というところはあるのです。

やはり自分で勉強する子どもたちは、ちゃんと力をつけていくことができます。だから、海外からの受験がハンデと思う必要はないのです。

もし帰国する可能性があるのであれば、中学受験を考えても良いかもしれません。

フリーダム進学教室もその一助になると思います。今年の受験生の中にもスタートが海外だった生徒がいますが、見事2年間で力をつけました。まずはスタートして、少しずつでも進んでいくことが大事です。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


2018フリーダム進学教室入会案内


今日の田中貴.com
酸化に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
同じ学校を3回受けた子


慶應進学特別から
湘南の憂鬱



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 海外から受験する はコメントを受け付けていません。

5年生で疲れているのは問題

その子が初めてやってきたのは5年生の秋でした。

塾の組み分けテストに追いまくられ、一生懸命やっているつもりなのだけれど、点数が伸びない。クラスは低迷したままで、本人が達成感を何も感じていない、ということに気が付いたお母さんはやり方を変えようと思って来塾されました。

で、最初に本人に会ったとき、疲れているな、と思いました。5年生ですから、まだまだ余裕があるはずなのに、もう切羽詰まっている感じ。

「この塾ではねえ、席はテストで決まらないから。どこがいい?」と尋ねると、ある席を指さしました。受験に向かうまで、その席で彼は勉強しました。

で、少しずつ少しずつ回復し、何とか最後自信をつけたと思います。

5年生で疲れているのは、やはり問題です。本当はまだまだ先があるのに、どうしてそんなに切羽詰まってしまうのか。子どもたちの消耗がどうしても気になります。

本当にそんなに長い時間塾に通わずとも十分に受験にはなるのです。むしろ早く始めることで遠回りをしている可能性がある。

いまもう疲れているとしたら、ちょっとやり方を考えた方が良いかもしれません。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com
学校に戻ろう


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
負けるから強くなる


中学受験 算数オンライン塾
2月5日の問題



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | 5年生で疲れているのは問題 はコメントを受け付けていません。

WEB学習システムで、どんどん進む

フリーダム進学教室では、WEB学習システムだけを申し込むこともできます。

昨日ご紹介した生徒も、通信だけで勉強したわけですが、WEB学習だけでも勉強はかなり進みます。

この入試休みの間、新6年生、新5年生は勉強がないわけではありません。

これまでの復習も、先取りの学習もいくらでもできる。それがWEB学習システムの便利なところです。先月から入った新5年生は、今、とても乗っています。

自分でどんどん進めるのが気に入っているようで、入力も自分でやって成果がでるからまたおもしろいと思ってくれているようです。

スタディールームオンラインも便利なシステムではありますが、自分で勉強できるのであれば、まずはWEB学習だけで進んでも全く問題はないのです。

習いごとやスポーツなどがあって、塾になかなか行けないのであれば、ぜひ利用してみてください。

WEB学習システムは、今すぐ体験できます。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


2018フリーダム進学教室入会案内


今日の田中貴.com
力を出し切った満足感


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
この選択で良かったのです


慶應進学特別から
2月3日



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 5年生の教室から | WEB学習システムで、どんどん進む はコメントを受け付けていません。