速さに関する問題

2021年第1回の算数【3】の(4)です、記述式の問題になります。

池の周りにある散歩道を,恵子さんと花子さんが歩きました。恵子さんは分速72mで時計回りにA地点から歩き出し,花子さんは恵子さんとは逆回りにB地点から歩き出します。2人はそれぞれA,B地点を同時に出発し,5分後
にはじめて出会いました。出会ってから4分後,花子さんはA地点を通過しました。2回目に2人が出会ってから9分24秒後,花子さんははじめてB地点に戻りました。この散歩道の1周は何mですか。なお,この問題は解答までの
考え方を表す式や文章・図などを書きなさい。

【解説と解答】

恵子さんが5分で行った距離と花子さんは4分で行くので、72×5÷4=90mが花子さんの分速になります。
2回目に出会ってから9分24秒で花子さんはBに戻ってきたので、2回目に出会ったところからBまでの距離は90×9.4分=846mです。
したがって1回目に出会ったところから2回目に出会ったところまで恵子さんが動く距離は90×5+846=450+846=1296mですから、
1296÷72=18分で行きます。花子さんはその間90×18=1620m動くので、1周は1296+1620=2916m
(答え)2916m

カテゴリー: 入試問題研究, 算数 パーマリンク